サポーター選びのポイントとは?

 

皆様こんにちは(^O^)

本日ブログを担当します、コンシェルジュの小西です!

 

最近はお昼になるとポカポカとした気温になり、季節が少しずつ春へと向かっていってますね🌸

 

本日は変形性膝関節症で使用されている方が多いサポーターについてお伝えいたします!

 

サポーターの使用目的としては、膝の痛みを軽減することになります。

膝は筋力の低下や体重の増加など、様々な要因によって生じる膝のぐらつきで軟骨のすり減りが進行します。

その膝のぐらつきをサポーターで固定して安定させることで、痛みを軽減することができます。

 

また、血行が悪くなると膝の痛みはたいてい増してしまします。冬などの寒い時期により痛むように感じるのはこのためです。

そのため、保温用のサポーターで冷えを防ぎ、痛みを軽減するというのも大きな目的のひとつとなります。

 

上記をふまえた上でサポーターを選んでいただくと良いです◎

 

1.サイズに合った適度な圧迫感

制動やフィット感をまかなう、適度な圧迫感のあるものおすすめします。

圧迫の強いサポーターは膝の血流を悪くするから良くありません。

適度な圧迫感のあるサポーターをつけると、外からの圧迫によって膝の水のたまりが多少和らぐこともあります◎

 

2.膝をぐらつかせないサポート力

例えば、サポーターの内側や外側に柔軟ながら固定性のあるスプリングがついているタイプのものです。

病院では両側に支柱の入った膝軟性装具(軟性の素材でつくられた装具)を処方して下さるところもあるようなので、ぜひご相談されてみて下さい。

 

3、冷える場合は保温タイプを

先にも触れたように、冷えると血流が悪くなり痛みが強くなります。

そのため、変形性膝関節症のような慢性的な膝の痛みには、保温タイプのサポーターを使用することが効果的です。

この保温サポーターは冬はもちろんですが、冷房での冷えがあるので、夏場は持ち歩くと重宝します。

 

お膝についてお悩みのことがございましたら、いつでもご相談くださいね!😆

 

ご予約は、ホームページまたは下記のフリーダイヤルより受付しております📱

TEL 0120-013-712 (電話受付時間9:00〜18:00)

予約HPは こちら をクリックしてください

関連記事

  1. お膝に良い食べ物

  2. 無理は禁物!

  3. ★お膝に優しい生活★

  4. なぜ寒いと膝が痛くなる?

  5. 無理のない範囲でリハビリを!

お気軽にお問い合わせください

ひざの痛み専門
無料でんわ相談

0120-013-712

電話受付時間 9:00〜18:00(年中無休/完全予約制)