★お膝に優しい生活★

皆様こんにちは☆彡

連日暑い日が続いていますがいかがお過ごしでしょうか??

 

本日は【お膝にいい生活習慣について】お伝えしたいと思います。

お膝の痛みは日常生活でのお膝の使い方がとても重要になってきます!!

 

 

①歩きすぎない

歩く事はその分お膝への負担もかかります。

そのため、歩けば歩く分だけお膝への負担が大きくなってきます。

運動不足などでウォーキングをされている方も多くいらっしゃいますが、

変形性膝関節症の方はお膝のクッションである「軟骨」や「半月板」がすり減り、

歩けば歩くほど骨への負担がかかってしまっています。

その状態が続くと骨へのダメージが蓄積され、お痛みが強くなってしまう事があります!

その為、当院では1日5,000歩以内の歩行を目安にお伝えしています。

ぜひ意識して見て下さい!!

 

②なるべく重いものは持たない

重たいものを持つことは体重に加えてお膝への負担がかかる状態です。

なるべく荷物は軽くするよう心掛けてひざへの負担を少しでも軽くしましょう!

お買い物をした際などはカートや自転車のカゴへ入れて移動や仕事柄重たいものを持つことがある方は、

分けて運ぶなど一度に重いものを持たないようにすることも重要です。

 

③階段の使用を控える

階段も体重がぐっとかかり、お膝への負担が大きい動作です。

階段昇降は体重の約6-7倍もの負担が膝にかかっています。

エレベーターやエスカレーターを使っていただくことでお膝への負担も減らすことが出来ます。

ご自宅や職場で階段がある場合も出来るだけ上り降りの回数を減らすなど工夫をしていただくことも有効です。

 

 

今回ご紹介したのは一例ではありますが、思い当るところがございましたらぜひ意識して改善してみていただければと思います!!

 

関連記事

  1. なぜ寒いと膝が痛くなる?

  2. サポーター選びのポイントとは?

  3. お膝に良い食べ物

  4. 無理のない範囲でリハビリを!

  5. 無理は禁物!

お気軽にお問い合わせください

ひざの痛み専門
無料でんわ相談

0120-013-712

電話受付時間 9:00〜18:00(年中無休/完全予約制)