夏の冷えにご注意!

看護師の本田です😊

暑さの厳しい日が続いていますね。
皆様、いかがお過ごしでしょうか?

寒い冬場の方が膝が痛む…患者様からもよく聞かれるお言葉です。
寒さで血管が収縮したり、筋肉が緊張すると膝の痛みにつながります。

冷房で涼む人のイラスト

 

冬場はしっかり冷え対策されている方も多いと思いますが…

夏場のクーラーにも注意が必要です!

 

設定温度を下げすぎないようにして、ブランケットやひざ掛けでお膝に直接冷気を当てないようにしましょう。

外出時は荷物にならないサポーターがおすすめです。
締め付けの少ない保温用のサポーターを選びましょう。

また、寝るときにも注意が必要です。
お膝が出るような短い丈のもお召し物でクーラーの効いた部屋で、布団をかけずに寝ていませんか?
寝ている間の冷えは朝起きたときの痛みやこわばりに繋がります。
ひざが隠れる丈のお召し物や締め付けのない保温用のサポーターを着用して、寝ている間も冷えからお膝を守りましょう。

当院にご来院の際は、空調の調節もできますのでお気軽にお申し付けください。
ブランケットも数に限りはございますがご用意ございますので、ご利用の際はお声掛けください☺

関連記事

  1. なぜ膝から音が鳴るの?

  2. インソールの役割

  3. 黒木先生に聞いてみました♪

  4. 膝の再生医療でできること

  5. MRIでわかる膝所見

  6. テレビCMの放映が開始されました!

お気軽にお問い合わせください

0120-013-712

電話受付時間 9:00〜18:00(年中無休)完全予約制