ヒアルロン酸注射について

皆様 こんにちは✨

まだまだ寒い日が続きますね。体調は崩されていないでしょうか?(>_<)

本日は  ヒアルロン酸注射 について記載いたします。

当院にご来院頂いている方の中には、整形外科でヒアルロン酸注射をしているがなかなか良くならない

以前はヒアルロン酸注射が効いていたが、もう効かなくなってしまった

などと、話される方が多くいらっしゃいます。😢

 

まず、膝関節の中には関節液と呼ばれるねばねばした液体が少量あり、この関節液の主成分がヒアルロン酸です。

関節を滑らかに動かし、衝撃を吸収するとともに、関節の軟骨に栄養を補給する働きを担っています。

変形性膝関節症の治療として第一に選択されるのがヒアルロン酸注射ですが

少なくなったヒアルロン酸を体外から関節内に注射することで補うことで、

関節の動きの滑らかさと衝撃吸収作用が回復し、痛みが和らぐと考えられています。

ですが、

※痛みは軽減出来ても、軟骨の修復作用まではありません。

※炎症反応がおさまることはほとんどなく症状の進行をくいとめることはできません。

 

ヒアルロン酸注射以外の治療をお探しの方、ぜひ当院の再生医療について一度話を聞きにお伺いください。

スタッフ一同お待ちしております。✨✨

 

ヒアルロン酸注射についてよくある質問はこちら▼

Q. 膝にヒアルロン酸注射をしても効果が感じられません。再生医療の適応はあるでしょうか?

 

ご予約は、ホームページまたは下記のフリーダイヤルより受付しておりますスマホ

TEL 0120-013-712 (電話受付時間9:00〜18:00)

予約HPは こちら をクリックしてください

 

 

関連記事

  1. PRP-FDの治療経過

  2. ゲストのお声

  3. 福岡ひざ関節症クリニック、開院いたしました!

  4. グルコサミンって効くの?

  5. 人工関節と再生医療のメリットデメリット

  6. 変形性膝関節症とは

お気軽にお問い合わせください

ひざの痛み専門
無料でんわ相談

0120-013-712

電話受付時間 9:00〜18:00(年中無休/完全予約制)